長時間テレビを見せたくない 英語系

テレビやビデオを毎日長時間見せていると、
子供の脳に様々な弊害があるとのことから、

「テレビ・ビデオを乳幼児にはあまり見せないように!」
という話をよく耳にしますね。
(最近はさらにスマートフォンの影響も懸念されています。)

心配されている方も多いのではないでしょうか?


そもそも始まりは、
2004年に日本小児科医会から発表された、
「子どもとメディアの問題に対する提言」でした。

内容は、テレビやビデオを見る機会が多い乳幼児に、
「言葉の遅れ」「他人と視線を合わさない」
などの問題が多く見られるので制限が必要だというのです。

当時の提言では、こう述べられています。

 
・2歳までのテレビ・ビデオ試聴は控えましょう。
・授乳中、食事中のテレビ・ビデオの試聴は止めましょう。
・すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。
  1日2時間までを目安と考えます。テレビゲームは1日30分までを目安と考えます。
・子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パーソナルコンピューターを置かないようにしましょう。
・保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールをつくりましょう。

 
この提言に同調される方、
また、「テレビ・ビデオを完全に制限したい!」
とお考えの方にオススメの英語教材をご紹介しておきます。

とはいえ、こんな時代ですので、
ビデオ等の映像がない英語教材はとても少ないのが現状です。

私が調べた中では以下の通りとなります。

 
アルク エンジェルコース 胎児~3歳 (CD教材)
モーツァルトのBGMで、リラックスしながら学習を。
3歳までの「耳の黄金期」に注目している。
公式サイト→エンジェルコース
  私のレポート→アルク エンジェルコース

★スピードラーニング ジュニア 小学1年生~中学3年生(対象年齢以下でも使用可)
ただ聞くだけで英語耳が育つ、ゴルフの石川遼君も御用達の英語教材。
公式サイト→スピードラーニング・ジュニア 私のレポート→スピードラーニング ジュニア

 

フラムキッズ 10歳未満 (CD教材)
「右脳」「言語のもつ周波数」に注目してつくられいる。
英語だけでなく、他の言語も「聞こえる耳」をつくることができる。
公式サイト→語学の天才を育てるフラムキッズ
私のレポート→フラムキッズ

保存

保存

コメントは受け付けていません。