手作り 幼児教材 その28 オシロイバナのブレスレット 【使用年齢3歳頃~】

手作り 幼児教材 その28:オシロイバナのブレスレット


【材料】・オシロイバナ、ねこじゃらし等
材料
【つくり方】
幼児さんの大好きな草花を使った遊びをご紹介。
28-2.JPG28-3.JPG
●オシロイバナを花の部分だけ残し、その他の部分は取り去る。
(この写真の手は娘です。)

28-4.JPG28-5.JPG
●ねこじゃらしは茎の部分のみ残す。
(茎の長い草ならなんでもOKです。)
これで下準備は終わりです。
28-6.JPG28-7.JPG
●オシロイバナの花びらに茎を一つずつ通していきます。
28-8.JPG28-9.JPG
●何枚、茎に通すかはお好みで♪
通し終わったら、お子さんの腕に結んであげましょう。

28-10.JPG
●これで完成です^^
オシロイ花は小さな花ですが、
重ねるとすごいボリュームですね。
28-11.JPG
●娘はすぐさま臭いをかいで幸せそう。
「う~ん。いいにおい」
28-12.JPG
こちらはピンクと黄色で作ってあります。
色んな色を組み合わせると違った趣がでて楽しめます。
【ポイント】オシロイバナはしおれやすいので、
摘んだらすぐにつくりましょう。
いろんな色で作ってみましょう。
髪飾りにしてもいいですね^^
花を分解する作業は、
子供にとってはとても楽しい作業のようです。
分解しながら、
「ここはお花の部分、ここは黒い種になる部分だよ」
などと教えてあげましょう。

【作成時間】
5分ぐらいです。

【豆知識・コラム】

オシロイバナもねこじゃらしも、
よくみかける草花ですので、ぜひお試しください。
オシロイバナは、夕方から咲き始めるので、
夕方のお散歩時がお勧めです。

今回、使った「ねこじゃらし」ですが、
本当は「エノコログサ」という名前なのだそうです。
犬の尾に似ていることから、
「犬っころ草(いぬっころくさ)」→「エノコログサ」という呼び方になったそう。
そしてこの時期、いたるところに「ねこじゃらし」を見つけますが、
昔は食用にしていた時代もあったのだそうです。
今ではちょっと考えられませんね・・・。
【関連記事】 その27 オシロイバナで紙を染めよう!

コメントは受け付けていません。