手作り幼児教材 その10 折り紙でかぶと作り(子供の日) 【使用年齢:0歳~】

子供の日に「手作りかぶと」はいかがですか?


【材料】・折り紙1枚(千代紙もお勧めです)
10.JPG
【つくり方】画像を参照してください。
10-1.JPG10-2.JPG10-3.JPG
●折り紙を三角におり、左右の端を折り上げます。
10-4.JPG10-5.JPG10-6.JPG
●折り上げた部分を、今度は下に折り下げます。
 折り下げた部分をさらに折り「かぶとの角」を作ります。
10-7.JPG10-8.JPG10-9.JPG
●上部を1枚だけ少し折り、さらにもう1度折ります。残った部分を内側に折りこみます。
10-10.JPG10-11.JPG
●きっちり折りこんだら完成です。
10-12.JPG
●手のひらサイズのお人形にかぶせてみました。
10-13.JPG
●新聞紙で作ると子供がかぶれるサイズになります。
10-14.JPG
●ついでに男の子向けに「手裏剣」を作ってみました^^/

【ポイント】
 
      折り紙は派手目な物が、お祝い感がでてきます。
      子供用のお祝いご飯の箸置きのようにして使ってもいいですね。
      
      小さい子には作ってあげて、大きな子には新聞紙を使って一緒に作りましょう。
      出来上がったら、かぶって遊びましょう。
      昔はこどもの日に、新聞紙のかぶとをかぶって外遊びをしている子供を
      よく目にしたものですが、最近は全然みませんね・・・。
      
              
【作成時間】作る時間は3分ぐらいです。
       
       
       
【豆知識】
もうすぐ、子供の日ですね。
5月5日は端午の節句。
「子供の日」は男の子のお祝いの日。
「子供の日」と聞くと、
「子供の日なんだから、男の子も女の子もお祝いされる日じゃないの!」
「女の子は子供じゃないの?」
と小さな頃、思い込んでいた方や疑問に思っていた方いらっしゃるのでは
ないでしょうか?
私は実はいまだに疑問だったので
この機会に調べてみました。
5月5日を「こどもの日」というのは、
これは昔ながらの男性優位の言葉の名残のようです。
「こども」のように、性別を表さない言葉が
「男」を意味するケースが以外に多いのです。
(例えば、「少年」という言葉は、「年が少ない人間」という意味ですが、
 男の子をさします。
 女の子の場合「少女」となります。
 ※「青少年」という言葉もありますが、これは男の子も女の子もさしますね。
  青少女とはいいませんねぇ・・・。)
「5月5日は端午の節句、3月3日は桃の節句。」
とか、
「5月5日は男の子の日、3月3日は女の子の日。」
では駄目なんですかねぇ・・・。
言葉の問題はきりがありませんね。
いつか娘に聞かれたら、どう答えようか・・・。
小さい子供には難しい話ですね。

コメントは受け付けていません。