育児ノイローゼの症状

「育児ノイローゼ」は妊娠・出産でホルモンバランスが乱れているところに、
赤ちゃんという未知の生命(物体?)
家族の仲間入りをするという環境の変化に適応できず、
ストレスや産後うつ状態を引き起こすといわれています。


未知の体験をすることがストレスになることが多く、
兄弟姉妹の育児や親しい友人の育児などをみて自然に学べている人は比較的気楽に
育児に入っていけているようです。
症状としては、
不眠
イライラ
自責感
罪悪感
劣等感
倦怠感
脅迫感
不安
過食
食欲不振
動機
息切れ
etc
私の場合は、特に脅迫感が大きかったです。
近くに、親兄弟がおらず、赤ちゃんに接したこともほとんどなく・・・。
そんな私はとにかくひたすら赤ちゃんと二人だけの時間が怖かった。
頼れるものは育児書とパソコンだけでした。
でも育児書の書いてあることは本によって全く違い、何が正しいのかわからない・・・。
赤ちゃんは火がついたように泣くけれど、何が原因かわからない。
(生後2ヶ月頃、娘が臍ヘルニア→いわゆる、でべそ になり、
泣くたびに臍が直径2cmぐらいの、ピンポン玉のように膨らんで、
見ていて恐ろしく、それもかなりの不安材料となりました)
一人では不安で不安で、毎晩、旦那の帰りを首を長くして待ちわびていました。
(そんな旦那が、飲んで帰った日には、もう許せず、イライラの毎日でした。)
出産までは一度も旦那と喧嘩したことがなかったのに、
その生活が嘘のような毎日で、離婚問題にまで発展したこともありました。
その他の記事→育児ノイローゼ関連記事

コメントは受け付けていません。