自分の子供と他人の子供を比べないで

自分の子供と他人の子供を比較してはいませんか?
育児書や育児情報サイトを見て、
他の子供ができているのに、自分の子供はまだできないと悩んでいませんか?


私も子供が乳児の頃はそんなことを気にしてばかりいました。
他の赤ちゃんは、もう首が座っているのに・・・。
他の赤ちゃんは、もう一人でお座りができるのに・・・。
他の赤ちゃんは、もう歩けるのに・・・。
飛んだり跳ねたり走ったりできるのに・・・。
うちの子はまだできない・・・。
でも、ある日気づいたのです。
まだ歩けなくっても、いつかは歩ける・・・。
歩けないけど、おしゃべりは上手。
お歌が大好き。
毎日少しずつ成長してるじゃない。
少しずつできることが増えてるじゃない。
育児書に惑わされてどうするの?
まわりの人たちは適当に言っているだけなんだから
大人にだって個性があるように、子供にだって個性がある。
いろんな大人がいるように、いろんな子供がいるのだ。
「まだできない!」と悩むよりも、「できた!」という喜びを
かみしめましょう。

お母さんが100人いれば100通りの育児があり、
赤ちゃんが100人いれば100通りの個性があるのです。

成長になにか問題があれば、
それは、検診の時や、病院に行ったときに指摘してもらえます。
今は、自分の子供の成長段階をありのままうけとめてあげましょう。
他人の子供と比べることは、意味のないことです。
小さい頃から子供を競争社会におく必要はないのでは?
子供は親が自分と誰かを比べていることを、なんとなくわかってますよ。
自分の子供と他人の子供を比べるストレスから、
親も子供も解放されましょう。

コメントは受け付けていません。