幼児教育の種類

幼児教育・幼児教材には
実に様々な種類が存在します。

子供のどの部分を伸ばしたいかによって、
「親」が決断をし、
働きかけていくことになります。

ここで、少し整理しておきます。


幼児教材は

「知育系」
「英語系」
「情操系」
の3パターンに
大きく分類されます。

「知育系」は「自分力」を育てます。

育児書のかわりとなるような内容も
含まれており

社会生活におけるルールや、
しつけ、
日常での言葉の使いまわしなどを

教材を通して
学んでいくことができます。

また、小学校入学前の準備として
「文字」や「数」などの概念を教える

プレスクール的な要素を
もっているものもあります。

親からの働きかけが必要となります。

「英語系」
ネイティブの発音を
自然にうけいれる耳を養うこと

英語の音に慣れることを
基本としています。

小学校からの会話重視の英語教育や
中学校以降での文法重視の英語教育とは違い、

まだ頭や耳が柔らかいうちに、
英語に慣れておこう
というものです。

日本にいながら
バイリンガルを育てようという趣旨の教材から、

聞くだけでOKというものまで、

多種多様な教材が存在しています。

「情操系」は心を豊かにします。

絵本・音楽・わらべうた・手遊びなどを通して、
人とのふれあいや思いやり、

喜怒哀楽や、
世界観などを学んでいきます。

そして、これらはすべて、
今を生きる子供達にとって、

どれも大切な教育です。

これらを上手にちりばめて、

子供にいろいろなものに触れさせ体験させ、

新鮮な刺激を与えることによって
心も脳も
上手に伸ばしてあげましょう。

最近では、
この3つの
「知育系」「英語系」「情操系」をあわせもつ
複合教材
多く出版されています。

便利なので、
そちらを利用するのも
いいかもしれません。

また、小さいころから
いろいろなものに触れることは

将来に向けての選択肢を
増やしてあげることにつながります。

「知育系」「英語系」「情操系」の教材を
上手にバランスよく利用して、

ぜひ視野の広い子供に
育ててあげましょう。

保存

コメントは受け付けていません。