幼児教材の必要性

子供が幼い頃は、
子どもが興味を示すものや、
身の回りのものを教材として使うことができます。

ですが、
家庭の中では限界があります。


なぜかというと、

親がどんなに頑張っても、
どんなに働きかけても、

その親のレベルの知育教育、
親のレベルの英語教育、

親のレベルの情操教育しか行えないからです。

親自身の自分の枠から抜けだすことが
なかなかできない・・・。

親の価値観の中でしか
新しい物事を教えられないからです。

 

そしてまた、「教える」ということには
メソード(教授法)が必要です。

教授法や到達点を無視して、
物事を始めると、

次第に、
子供に教えたかったことがぼやけてしまい、

目的が達せられずに
終わってしまいます。

効率よく正しい知識を教えるためには、
その分野の専門知識が必要なのです。

悲しいことに、
そのメソードをたいていの親はもちえません。

そんな時に役立つのが
幼児教材なのです。

その分野の専門家が作っています。

ありとあらゆる試行錯誤が
繰り返され
長い年月をかけて
完成されたものです。

そんな便利なものを
使わない手はありません。

好奇心いっぱいの
子どもの幼い脳は

ワクワク・ドキドキしながら、
新しい刺激を今か今かと待っています。

ようこそ幼児教育の世界へ

 

そんな子どもの欲求を
ぜひ教材を利用して
満たしてあげてください。

教材には、
実に様々なものが存在します。

大きく分類すると、
「知育系」「英語系」「情操系」に分かれます。

たとえば有名なところでは

「知育系」には『ビッテ式家庭保育園』『ベネッセのこどもちゃれんじ』『ドラゼミ』、

「英語系」には『ワールド・ファミリーのディズニーの英語システム』『アルクのエンジェルコース』

「情操系」には『絵本』『知育おもちゃ』『映像』『リトミック』等があり、

実にたくさんの会社が
長い年月をかけてその開発にとりくんでいます。

そして、教材によっては、

『親と子のふれあい』

『実生活の中での経験』

『地域とのかかわり』

などを通して
子どもの能力をひきだしてゆくものがたくさんあり、

大変魅力的な内容となっています。

便利なものを利用して、
ぜひ豊かな子供に育ててください。

保存

保存

コメントは受け付けていません。