(7月・8月)打ち水大作戦!

毎年、大暑~処暑までの期間に、真夏の気温を2℃下げよう!
という取り組みが行われているのをご存知でしょうか?


2389794.jpg
地球温暖化対策として、
2003年に、
「100万人が、同じ時間に打ち水をすれば、東京の気温が2℃さがる」
という目的で始まった、
この「打ち水大作戦」ですが、
2006年には、日本全国で推定770万人以上が参加し、
世界的なイベントにもなりつつあります。
日時を決めて、みんなでいっせいに打ち水をする。
ただそれだけで、真夏の気温が下がり、電気代の節約になる。
地球に優しくなれるのです。
           ※打ち水効果→水をまくことによって奪われる気化熱が気温をさげます。
H19年は、7月23日(大暑)正午から、8月23日(処暑)正午まで。
おうちの、お風呂の残り湯など、
洗濯などに使ってもまだまだあまっていたら、
ぜひ、家族で「打ち水タイム」をもうけてみましょう。
※ちなみに「打ち水大作戦」は、水道水はご法度です。
 お風呂の残り湯、雨水など、二次利用でお願いします。
 
小さな一歩が、大きな成果を生み出し、
未来の子供たちへとつながります。

コメントは受け付けていません。