木の素材で絵を描こう!2歳~

2歳になると、手先がとても器用になります。
ボタンやホックを上手にかけられるようになったり、ペンで壁にラクガキしたり、
形にこだわらず絵を描きたい気持ちや、「見て見て」と見て欲しい気持ちでいっぱいです。


そんな時期にぴったりなのが、
堅いブナの木に染め付けた色の美しいステッキ遊び。

集中力や数、量、色、形を認識する力を育てる遊具として
ドイツの幼稚園で広く普及しています。

ペグを板の穴に並べることで
数と量の関係の感覚を身につけたり

6色のカラフルな木製ペグ(ステッキ)をさして
盤の上にパターン絵を作って楽しむことも出来ます。

大きくなってから、10が10集まれば100になる10倍の意味も
頭の中の計算ではなく

体験を通しての知恵として身につけていきます

【私の感想】
うちの娘は同じ色を並べるのが好きで、
並べ終わると、得意な顔をしてもってきます。
集中力の形成にとても役立っているようです。
積み木としても遊べるので、遊びに広がりがもてると思います。

【五感度チェック】
目 ★★★★★
耳 ★(木の重なり合う音を楽しもう)
鼻 ★(ほんのり木の香り)
口 ★(舐めても安心)
手 ★★★★★

保存

保存

コメントを残す

CAPTCHA