おススメの「わらべうた」

「わらべうた」は成長段階によって、レベルアップしていきます。
ここでは、私が実際に体験して、よかった!と思った「わらべうた」を、
ほんの少しだけ、ご紹介します。


★ねんねの頃
~いちり にり~
(赤ちゃんを仰向けにねかせます)
いちり(両足の親指をつまむ)
にり(両足の足首を軽くつかむ)
さんり(両足のひざを軽くつかみます)
しりしりしり (お尻やわき腹をやさしくくすぐります)

★おすわりの頃
~馬はとしとし~
(大人が床に足を伸ばして座り、
その上に子供をのせてリズムにあわせて弾ませてあげます。
最後に足を広げて、ストンと子供を足の間に落としてあげると子供はとても喜びます。
「もう1回!」とリクエストされること間違いなしです。)
うまはとしとし、ないてもつよい。
うまはつよいから(のりてさん)もつよい。

———————————————

イメージがわきましたでしょうか?
この2つは、わらべうたの中ではとても有名なので、
ご存知の方もいらしゃるかもしれませんね。

でも詳しくない方には、
イメージがわきにくいと思います。

本当ならば、実際に映像と、
音声でみていただきたかったのですが、
私の技量がおいつかず・・・。

申し訳ありません。

いつか、こちらに映像と音声をアップさせられる日がくればいいなと
思っております。

保存

コメントは受け付けていません。