「わらべうた」の素敵な音階

「わらべうた」の基本は半音のない5音階でできています。
これは「調子がはずれない音階」です。


ピアノの白鍵を順番に弾いた時にでるのが、
「ドレミファソラシ」の7音階。

それに対し「わらべうた」は、ファとシをぬかした
「ドレミソラ」の5音階でできています。

この「ドレミソラ」は、
調子はずれにならない不思議な音階で、

どのように歌っても、
フレーズが自然につながっていくので、
あきるまで歌っていられそうです。

そして、未発達な子供の耳や声帯には、
この音階がとても心地よく響きます。

この五音階は昔ながらの生活の中で、
自然に生まれた産物です。

そしてこの5音階で何か歌ってみていただけると
わかるのですが、

歌うと自然に優しい声になるんですよね・・・。

そして、それに合わせて顔も自然に優しく
微笑んでしまう・・・。

こんな素敵なわらべうた。
大切に後世に伝えていきたいものですね。

わらべうたについてのご紹介→https://youzikyouzai.com/archives/category/zyousou/warabeutanosekai

ちなみに、私がわらべうたと出会ったのは、
娘が通う保育園がはじめて。

最初に聞いた時は、
この不思議な音階に、

親しみを感じるというより、
びっくりさせられました。

わらべうたになじみがない方は、
きっと同じような印象をうけるかもしれませんね。

けれど、一緒に歌ってみて、またびっくり。
意外に歌いやすく、覚えやすい。

そして、親しみやすい。

奥が深いなぁと感じてるこの頃です。

保存

保存

コメントは受け付けていません。