絵本の読み聞かせの大切さ

近年、絵本の「読み聞かせ」の大切さがさけばれており、
家庭や保育園や幼稚園や小学校などで、
積極的に「読み聞かせ」が行われています。


現代の子供達は、
幼い頃からテレビやビデオやゲームやスマホなどの
情報や刺激にさらされる毎日を送っています。

そして、そのメディアによる一方通行の情報享受に対する危険性に
大人がやっと本格的に取り組むようになってきています。

大人達は、「絵本」という教材を使用し、
「読み聞かせ」を行うことで、
その危険性を回避しようとしているのです。

なぜ、「読み聞かせ」が
子供達の心の教育にとって重要視されているのかというと、

「読み聞かせ」をすることで、
子どもの心が豊かにたくましく育つからです。

「絵本」との出会いは、子供達を想像の世界にいざないます。

そして「絵本」を通して、
この世の中には自分の知らない喜びや楽しみ、
苦しみや悲しみなどがたくさんあることを知り、

そしてまた自分自身が、
この世に生きる喜び・悲しみなどを理解していくのです。
(これはテレビやビデオでは得られないものです。)

そして、そうやっていくうちに、
「他者を思いやる心」も育まれ、
将来、豊かな心の持ち主になってくれることでしょう。

また、絵本の「読み聞かせ」を通して、
親子の関係がさらに密になります。

子供が絵本を読んでもらっている時間は
読んでくれている人はその間はその子だけのものになります。

それが子供にとっては何よりも嬉しい大切なことなのです。

そして同じ時間を共有しながら、
共に考えたり感動を分かちあったりすることによって
さらに心が豊かに育まれます。

また「考える力」や「集中力」も養われるのです。

あなたの家庭のお子さんは、
テレビやビデオやゲームに執着していませんか?

テレビやビデオやゲームに子守をさせていませんか?
(最近はiPadなどの使用も問題になってきています。)

テレビやゲームに頼ると、子育てはラクです。
その間に、簡単な家事が済ませてしまえますし、
親自身の時間が増えますものね。

でも、ちょっとお子さんの将来を考えてみてください。

もっと心に響く豊かなものを与えてあげたいと思いませんか?
試しに、テレビやビデオは1日お休みして見てください。

そして、絵本をひらいてみましょう。

読み聞かせをしているとそこに素敵な空間が生まれることに気づくことでしょう。
anajyo.gif

保存

保存

コメントは受け付けていません。