どんな絵本を選んでいいのかわからない・・・。0歳~

「心の教育」である「絵本の読み聞かせ」
実際、どんな絵本を選んでいいのか悩んでいませんか?


「絵本」の読み聞かせは、親子の関係を深くします。
子供が絵本を読んでもらっている時間、

読んでくれている人とその空間は、子供だけのものになります。

絵本を読んでもらっている間に、
大好きな人と同じ時間を共有することが、
子供にとって何よりも嬉しい大切なことなのです。

また、絵本との出会いは、子供の心を豊かに育て、
子供を想像の世界にいざないます。

子供は、絵本を通して、この世の中には、自分の知らない楽しみや、
悲しみなどがたくさんあることを知るのです。

ただ、その際に注意しなければならないことがあります。

「絵本」は、絵が描いてある本ならば何でもいいという
わけではありません。

子供の成長段階にあっていないものや、
個性のあるキャラクターで内容だけが目だってしまい、
内容が薄いものなどは、
あまり好ましくありません。

子供が気に入った本がすべていい本であるわけでもなく、
大人が選んだ本がすべてその子に合っているわけでもありません。

絵本選びは、とてもとても難しいのです。

そんな時に、絵本選びに役立つサイトが
こちらです→絵本ナビ

こちらのサイトでは年齢別の配本リストが掲載されていますので、
年齢別のコースリストを見てから、
絵本を購入されるといいと思います。

絵本選びのプロが選んでいますので、
失敗することはまずないでしょう。

しかもネット上での試し読みも可能です。

ちなみに、
我が家ではプロの選んだ絵本が毎月2冊
おばあちゃんからプレゼントされています。
絵本に囲まれてわが娘はスクスクと成長しています。
我が家の蔵書

コメントは受け付けていません。