どんな子供に育って欲しいのか考えましょう。

たくさんの幼児教育・教材を前にして、
いったいどれを選んでいいのかわからなくなることがあると思います。
そんな時は初心にかえるのが1番です。


教材選びに悩んだときは、自分の子供をじ~と見つめてください。
将来、どんな子供に育って欲しいですか?

のびのびと育って欲しい!
優しい子供に育って欲しい!→「絵本」や「わらべうた」中心の情操系を
英語に苦労させたくない!!→英語系を
小学校に上がる前に、きちんとした生活習慣を身につけさせたい!!→知育系を
早いうちから勉強の習慣を身につけさせたい!!→知育系・英語系が混在したものを
というように、考えていけば、
おのずと、必要なものが見えてくるのではないでしょうか。
私も、教材選びにはとても迷いました。
正直いって、いろいろと資料請求していくと、
いったいどれがいいのかわからなくなってくる・・・。
(資料にはいいことしか書いてありませんものね・・・)
もうわから~ん!!
と資料を放り出し、ふと、娘を見つめたら、
答えが自然に見えてきたのです。
「私は、娘に、優しく強い子になって欲しいんだ。
 そして、他の勉強はできなくても、
 私の好きな英語だけは話せるようになって欲しいな。
 
 それから、私も旦那も運動は得意でないから、
 何か1つだけでも得意なスポーツを作ってあげたいな。」
(あくまで親の希望ですが・・・)
そうすると、私の娘に必要なのは、
心を豊かにする「絵本」や英語の学習に必要な「英語系」
運動は、「バレエ」か「スイミング」かな。
でも、それじゃ、お金もかかるし、
娘も大変。
そうだ!英語は、聞くだけでいいお手ごろな値段のものにして、
娘の負担にならないよう、
気づかないように英語教育をしよう。
というように決められると思います。
今、我が家でとりくんでいるのは、
毎月届く絵本と、聞くだけでいい幼児英語教材です。
あたなも、選択に悩んだら、ぜひお子さんの姿を見つめてみましょう。
どんなことができるようになって欲しいですか?

コメントは受け付けていません。