手作り幼児教材 その32 もしもし糸電話 【使用年齢3歳~】

手作り幼児教材 その32:もしもし糸電話です。
体調をくずし寝込んでいた私に、パパと娘があっという間に作ってくれた品です。


【材料】 紙コップ2個、毛糸、爪楊枝、はさみ
手作り 幼児教材 もしもし糸電話
【つくり方】画像参照
2009_111140087.JPG
●爪楊枝で紙コップの底の中央に穴を開けます。
2009_111140088.JPG
●毛糸を適当な長さに切って、紙コップに通し、
先を結び、ひっかかるようにします。
2009_111140089.JPG
●両方同じように作ったら、あっという間にできあがりです。
【ポイント】
紐の長さは適当で大丈夫です。
長ければ長いほど楽しめると思います。
毛糸を紙コップに通すのが子供には難しいかもしれませんので
お手伝いしてあげてください。
※毛糸の先をペロッとなめて先端を尖らせるとうまく入ります。
「もしもし●●さんですか?」「●●ですが・・・」など
電話の応対を教えてあげるといいですよ^^
それから毛糸じゃないものを使ったり、
長さをかえたりして、聞こえの違いを体験してみてくださいね。
小さな子とは糸電話に絵を描いたり、
かわいいシールを貼ったりして遊びましょう。
2009_111140084.JPG
これが、パパが娘に作ってあげた糸電話です。
二人で絵を描いたり、文字を書いたりした力作です。
ん?どこもけいたいって書いてある・・・。
【作成時間】
3分ぐらいです。

コメントは受け付けていません。