手作り幼児教材 その1 缶ぽっくり(缶の竹馬)【対象年齢:5歳頃~】

缶ぽっくり

手作り教材:
みかん缶にキリで穴をあけて、
紐を通しただけという素朴なおもちゃ。懐かしいですね。


【材料】

・缶詰のあき缶2個(高さはお好みで。小さい子には低めの缶を選んでください。)
・紐2本
・穴をあける道具(キリ等)
・ビニールテープ(安全のために、缶の口にテープをまくといいですよ)
缶ぽっくり材料

 

 

【つくり方】
缶にキリなどを使って
2ヶ所穴を開けます。
みかん缶  

 

 

ひもを結ぶ

その穴に、
上から紐を通し、
缶の中で結びます。

 

あっという間にできあがり!!
缶ぽっくり

 

【ポイント】

缶の周りに紙や布をはったり、
シールをはったりしてもいいですが、

やはりレトロ感を出すためには、
そのままが私の好みです。

個人的には「みかん缶」が好きです。

仲良しのお友達の分も作って、
公園でパカパカ楽しんでもいいですね。

バランス感覚を養うのにもいいですよ。

 

【作成時間】
5分もかかりませんでした。
(びっくりするほど簡単です。)

 

【豆知識】
「ぽっくり」とは、
舞妓さんが履いている高さ15cmはある分厚い桐の「下駄」のことです。

白足袋の足でちょこんとのっかって、
ながい袖の端をちょこっとつまんで
「ぽっこ」「ぽっこ」と歩く姿に
なんともいえず風情がありますね♪

保存

保存

保存

コメントは受け付けていません。