親自身の叶えられなかった夢の実現

あなたの将来の夢はなんでしたか?
そしてそれは叶えられましたか?


もし、あなたが、
叶えられなかった夢をもっていたのなら、

その夢を
自分の代わりに

子供が引き継いでくれたら

と思ったことはありませんか?

「そんなことは思ったことがない!」と
断言できる親は少ないのではないでしょうか。

私の母は、昭和23年生まれで、
山口県の田舎町で3人兄弟の
長女として生まれました。

「大学」に行って勉強したい!
「手に職をもって働きたい!」

という夢があったけれど、

時代が許さず、親が許さず、
高校卒業後に工場に就職、

その後親のいいつけで
見合いをし
私を産みました。

そして、母は、
私に自分の夢を託しました。

私は小学生低学年から、
英会話教室とピアノ教室に通い、

小学生高学年からは学習塾へ。

大学へも
当たり前のように入学しました。

高校を出て働くという選択肢はなく、
私自身も考えたことがありませんでした。

そんな私は、自分が母親になった今、
自分の子供は勉強は人並みであればいい、
「のびのびと、豊かな心をもった子に育てたい」と思っています。
(反面教師ですね^^;)

ただ、
私は小さいころから
バレエをやっている人の姿勢の良さに
憧れていました。

スーっと伸びたしなやかな
手足・首筋、

私にないものをもっている美しい人達。

そんな憧れを持っていた私は、
子供の習い事を考える際には、
「バレエ」が候補にあがってしまいます。

子供には
押しつけになってしまいますが、

結局、親の子育てには、
親自身の願いなどが、
入ってきてしまうのは
仕方がないことだと思います。

やりすぎは禁物ですが、
子供の気持ちを尊重しつつ、

上手にむきあっていけるといいですね。

その夢の架け橋に何らかのかたちで、
「幼児教材」がお役に立てればと思います。

保存

コメントは受け付けていません。