幼児教育が子供にもたらすもの

生まれた時は
同じスタートラインにいた子ども達・・・。

でも気づいた時には、
能力や才能に大きな個人差が生まれている。

その時に、「あれっ?」と思っても遅いのです。


↑(少し、恐ろしいことを書いてしまいましたが)

子供の、人生で最初の先生は
「親」
なのです。

「親」の手助けがなければ、
子供達はそのすばらしい能力を

上手に引き出すことができません。

一般に、
才能が伸びる可能性を
図式化すると

ピラミッド形になると
いわれています。

0才に近いところから始めるほど、
才能の伸びる可能性は大きく、

年齢につれて
効果が小さくなってしまいます。

またこの時期の脳は
急成長をします。

3才で80%、
6才で90%
まで、

出来上がってしまうのです。

一生を左右する
基本的な形成が
この時期に決定してしまうのです。

こんなにも貴重な時期を、
大切にしてあげたい!と
思うのが親心です。

子供達の素晴らしい能力を引き出す
環境づくりを

一日も早くスタートさせ、

働きかけてあげたいものです。

失われた時間は、
決して取り戻せません。

チャンスを逃がさず、
成長に応じた適切な環境を
ぜひ与えてあげてください。

ただ、
忘れないで欲しいのですが、

幼少期の教育は
日常生活すべてが教育であるということです。

心を養うことを
おろそかにはしないでください。

親と子のかかわりあいを軽視せず、
教材を通して
子供との絆を深めていきましょう。

保存

コメントは受け付けていません。