生まれてくる子供たちのために・・・ 英語系 胎教

子宮に宿った子供のために、そして自分自身のためにも、
ゆったりとリラックスできる環境で、その日を迎えたいものですね。


生まれてくる子供のために、そして、生まれてきた子供のために、
そして、お母さん自身もリラックスして過ごせるように、

英語のおくりものをしてはいかがでしょうか?

赤ちゃんはお腹にいるときから、
たくさんの音に触れています。

おかあさんの声や、周りの人たちの声、
お腹の中にいるときから、
たくさんの言葉のシャワーを浴びているのです。

胎児の聴覚はいつ頃から出来上がるかご存知ですか?

だいたい4ヶ月半~5ヶ月あたりで出来上がるようです。

そして耳が聞こえるようになると、
胎児は四六時中耳をすませて、お母さんのお腹の中の音、

そして、外の音を聞き取ろうとするのだそうです。

お母さんの語りかける言葉などを聞いて、
自然に「ことば」を学んでいるのですね。

そんな時期に良質の英語に触れておくと、
生まれた後も、
英語を聞き取れる耳が自然に育っていくのだそうです。

英語を学ぶ必要はありません。

ただリラックスした環境で、音のシャワーを浴びればいいのです。

私が胎教としてオススメしたい幼児教材は
通信教育や、様々な講座で有名な

エンジェルコース

の12枚のCDです。

リラックス効果のあるモーツァルトの楽曲がBGMになっており、
楽しい歌や会話やお話がいっぱいです。

胎教はもちろん、赤ちゃんが生まれた後にも大活躍です。

赤ちゃんの手や足を取って一緒に遊べるものばかりなので、
CDをかけるだけで、
赤ちゃんの毎日に自然な形で英語を取り入れることができます。

また、胎児の頃から胎教として聞いていたというお母さんの中には、
生まれてから、夜泣きで親子とも苦しいときに、
CDをかけたら、泣き止んでくれた。

という話も・・・。

私もCDを聞いたのですが、
音声がとても綺麗なハリのある声で、

耳にとても心地よく、
さらにモーツァルトの音楽とで、思わずウトウトと・・・。

こちら公式ページで試聴できますので、
ぜひおためしあれ!

保存

保存

コメントは受け付けていません。