自分の子供が社会から落ちこぼれる不安の軽減

「自分の子供が社会から落ちこぼれる不安」
「子供の将来に対する不安」は

先がみえないことであるので、
常に親につきまとって
離れないことでしょう。


ましてや、
ニュースなどで、「いじめ」や「ひきこもり」などの報道が

毎日のように
お茶の間をにぎわし、

子育て中の私達は気が気ではなく、

子供が小さいうちから
社会から落ちこぼれないように

少しでも早く働きかけていきたいと思ってしまうのは
仕方のないことでしょう。

現代日本は、
ひきこもり100万人・ニート85万人・不登校13万人・フリーター400万人
ともいわれており、

最近は「ニート」などどいうことばが、
流行語のように使われ、

子供達の中には
「ニートって楽でいいよね」という感覚が
うまれています。

※ちなみに「ニート」とは
 ニートは「NotinEducation,EmploymentorTraining」の
頭文字(NEET)からの造語で、
非労働力人口のうち、15~34歳の未婚で、
職業訓練も含め、学校に通わず、家事や家業の手伝いもしていない者と
定義されています。

子供達が、
身内や仲間を傷つける事件も後を絶たず、

学校では
いじめがはびこっています。

そして親は、
「社会の脱落者」にならないために、

せめて小学校~高校までの勉強についていける能力を
早い段階で身に付けさせるたいと
願います。

小さいうちから
きちんとした教育を受けさせ、
学力があれば、

少なくとも勉強ができないということで
いじめられることも少なくなりますし、

勉強ができれば、
おのずと将来への道が明るくなるからです。

ですので、「幼少期の教育」に取り組むことは、
親自身に
大きな安堵感を与えることでしょう。

保存

コメントは受け付けていません。