思いやりのある心を育てたい(イヤイヤ期のお子さんをお持ちの方へ) 知育系 2・3歳

2歳~3歳のイヤイヤ期のお子さんをお持ちの方、
「うちの子は乱暴で手がつけられない・・・。」
「他の子と仲良くできない・・・」
「他の子に優しくできない・・・」と悩んでいませんか?


国内には教材はたくさんありますが、
お勉強よりも、まずは心を育てる教育を一番に!考えている方には、

ベネッセの「こどもちゃれんじ」をお勧めしています。

「こどもちゃれんじ」は、以前、
小さなお子さんがいる家庭の4人に1人は
使っているといわれており、
とても有名な教材なのですが、

これほど多くの人に愛されているにはやはり理由があってのことです。

・0歳児をもつお母さんには、育児の助けになるように・・・
・1歳児をもつお母さんには、子どもが生きるための生活習慣を身につける手助けとなるように・・・
・2歳児をもつお母さんには、相手に優しくできる思いやりの心をもてるように・・・

と、子どもの成長にきちんと
視点を合わせて
つくられているからです。

子どもは1歳をすぎると、
少しずつ自分でできることが増えてきます。

そして2歳になると、
歯磨き・トイレなど、ずいぶんいろいろなことが
自分の意思できるようになります。

そんな時期に、
「お世話ごっこ遊び」などで自分よりも小さな存在、弱い存在に
優しくするという体験をぜひさせてみてください。

その体験を繰り返すうちに、
徐々に思いやりの心が育っていき、
優しい子供に育っていきます。

そんな体験を上手にもたせてくれるのが、
ベネッセの「こどもちゃれんじ」なのです。

人形や絵本や映像教材を通して、
親子の触れあいの中から、
子供の思いやりの心をひきだしてあげましょう。

ベネッセの「こどもちゃれんじ」について、
詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>

保存

コメントは受け付けていません。