小さな頃から、特別な英語教育はしたくない!とお考えの方

早期の、英語教育・英語教材に否定的な考えをもたれている方は
少なくないと思います。


・英語よりも正しい日本語を先に覚えるべき
・幼児期から、英語を教えると子供が混乱するし、ストレスになる
・英語教育は早期教育の代表だ
・幼い頃は、特別な勉強をさせず、自然な環境でのびのびと育てるのが一番だ
・英語は大人になってからでも遅くない。

などなど、いろんな声が聞こえてきそうです。

実際、私も、英語教育に関しては、
そんなに急ぐ必要はないと思っています。

話したり、書いたりすることは、
小学校に入ってからの学校の英語教育で十分ではないかという
思いがあります。

けれど、1つだけ
取り組んでおいたほうがよいことがあります。

それは、子供の「日本語以外の言語が聞こえる耳」を育てておくことです。

この「日本語以外の言語が聞こえる耳」というのは、
日本語にない周波数を拒絶しない耳を作ることです。

日本語というものは、
周波数が125ヘルツから、1500ヘルツまでの低い音域の言葉です。
(この低い音域が、日本語の良さとも言えるのですが、)

実際のところ、小さな頃から、日本語にしか接する機会がなかった子供は、
日本語の周波数の上限の、1500ヘルツ以上の言葉を聞いた時、
悲しいことに、耳が聞き取ることをやめてしまうのです。

  ※英語は2000ヘルツから15000ヘルツの高周波音です。
聞き取れなかった周波数の言葉は、
もちろん、上手に話すこともできません。

(いわゆる聞いた外国の言葉を日本語にある音に当てはめて発声する
 和製の言語を話すようになってしまうのです。)

そうなると、子供が小学校にあがって、始めて英語に触れたときに、
コンプレックスとなり、
英語に対する苦手意識が生まれてしまいます。

しまいには、「英語嫌い」になってしまう場合もあります。
ですので、単語や文章の意味や内容は、

小さな頃から教え込む必要はないのですが、
ただ、「聞こえる耳」「日本語以外の周波数をキャッチできる耳」だけは
育てておいて欲しいのです。

聞こえる耳
けれど、日本にいるかぎり、
インターナショナルスクールのプレスクールや、
英語を母国語とる教師がいる英会話教室に、
頻繁に通わせない限り、

このような状況を作ることは大変難しいです。

そんな時に使って欲しい英語幼児教材・多言語教材に、
「フラムキッズ」という幼児教材があります。

フラムキッズは、
特別なことをする必要はありません。

BGMとして、CDを流すだけです。
(※ひらがなが読めるようになったら、テキストを使うこともできます)

それだけで、英語の周波数だけでなく、
いろいろな言語の周波数の音を耳にいれることができ、

いつか、子供が大きくなって、他の言語を習得したいと思った時に、
いろいろな言語を無理なく習得できるようになります。

このような幼児教材は、まだまだとても珍しいのが現実ですが、
子供の将来のために

今のうちにぜひ「耳作り」をはじめてみてはいかがでしょうか?
(※ただし、年齢制限がありますが・・・。)

フラムキッズ教材の詳しい情報はこちらをご覧ください

フラムキッズ公式ページ
 ※特に、ロシア語は最も広域の周波数を持っています。
  フラムキッズ1よりフラムキッズ2がおすすめです。

コメントは受け付けていません。