英語幼児教育への鍵 フラムキッズ

日本人が、英語や他の言語ををうまく話せない・聞き取れない、
根本的な理由をご存知でしょうか?


英語を例にすると、
日本人は一般に、英語に関しては文法や書くことは得意な人が多いです。
そして、聞くことや話すことが苦手な人が多い・・・。

特に話すことになると、どうしても和製英語的な発音になってしまい、
不自然さがつきまとう。
それは一体なぜなのでしょうか?

その理由は簡単です。
幼少期に日本語以外の他の言語に触れていない
からなのです。

将来、英語を母国語のように操ることができるかどうかは、
どれだけ、たくさんの音に触れたかにかかっているのです。

実は日本語は、
周波数が125ヘルツから1500ヘルツまでの低い音域の言葉なのです。

だから日本語だけを聞いて育つと、
それ以上の周波数の音に接した際に、
耳が勝手に聞き取ることをやめてしまうのです。

ちなみに、英語は2000ヘルツから1万5000ヘルツの高周波音を含みます。
ロシア語にいたっては、125ヘルツから1万ヘルツです。

つまり意味や内容は理解できなくても、
広い領域の周波数を聞き取る耳さえ育てておけば、
将来、何か他の言語を習得したいと思ったときに、
無理なく、習得することができるようになるのです。

そして、このことに着目した幼児教材に、
「フラムキッズ」という
日本語以外の、他の言語を聞くことが出来る幼児教材があります。

フラムキッズを使えば、
簡単に英語・フランス語など、
日本語にない周波数を聞き取る耳を育てることができます。
フラムキッズで英語耳

方法は、お休み前のひと時に、CDを流すだけです。
(ひらがなが読めるようになったら、テキストを使って音読するように
するとさらに効果的です。)

それだけで、いろいろな周波数の音を耳にいれることができ、
いろいろな言語を習得できる耳を作ってくれます。

そして、いざ、子供が大きくなって
日本語以外の他の言語を習得したいと思ったときに、

楽に入っていけるので、必ずや、お役に立てると思います。

フラムキッズ幼児教材を使って、
語学で苦労しない「耳」を、子供にプレゼントしてあげませんか?

フラムキッズ幼児教材の詳しい内容はは公式HPで、ぜひ確認してみてください。

他の言語を聞き取る耳をつくる!フラムキッズ

※フラムキッズには1と2がありますが、
最も広域の周波数をもっているロシア語
フラムキッズ2に収録されています。
つい英語の入っているフラムキッズ1を選びがちですが、
フラムキッズ2にぜひ注目してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。