七田式 はっぴぃタイム 教材の中身 ワークブック編

七田式 はっぴぃタイムは「DVD」「絵本」「ワークブック」で構成されています。
今回は、ワークブックに焦点をあててみたいと思います。


七田式 はっぴぃタイムのワークブックですが、
まず、ワークブックって何?

という方の為に、軽くご説明を。

ワークブックとは、プリント集のようなものです。
ワークブックによって、書く力・考える力を育てます。

七田式 はっぴぃタイムには、
もじ+みぎのう」「かず+みぎのう」の
2種類のワークブックがあります。

内容は小学校に入学するまでに覚えておきたい「ひらがな」や「数字」
迷路などいろいろあります。

ワークブック例(※はっぴぃタイムvol.1の最初の一枚目です。)

「もじ」編
★問題1:線と線を結ぶ
mozi1

★問題2:迷路
もじ2

 

「かず」編
★問題1:数を数えて、数字をなぞる
かず1

 

★問題2:どっちが多いのか?多い方に○をつける
かず2

こんな感じです。

うっすら鉛筆の線が見えるかもしれませんが、
これは2歳8ヶ月の子供の
はじめての取り組みのあとです。

取り組み方は、

・1日1枚(日曜日はお休み)ずつ

・問題が解けなくても、書けなくても、できたところを見つけて褒めてあげる。
 (線が太くかけたね など)

・毎日決まった時間にとりくんで習慣化する。

・親が手を添えてやってもよい

問題そのものの内容は、そんなに時間がかかるものではないので、
気軽に進めることができると思います。

けれど、3歳以前の子供に鉛筆を持たせ、
文字を書かせるのは少々、難しいかもしれません。

そんな時は、使用を先延ばしにしてもいいし、
比較的簡単な問題1のみ取り組んでもよいそうです。

(問題2はワークブックを一通り終えてからでもいいです。)

はっぴぃタイムの詳しい内容は公式サイトでご確認ください。

あの七田式学習法がご家庭でできる!【 はっぴぃタイム 】

保存

保存

コメントは受け付けていません。