鉛筆がもてるようになったなら・・・

子供が2歳になると、子育てにも余裕ができてくる頃ではないでしょうか?
そんな時期にぜひ一年間
ためしに親子でとりくんでみて欲しいのが、
「右脳トレーニング」です。


最近、大人に流行中の「右脳ブーム」ですが、
右脳教育に関する歴史は意外に浅く、

1961年に、言語野が大脳左半球(俗称:左脳)にあることが発見され、
1981年に 分離脳の研究(右脳と左脳が別々の役割をしていることが発見)によって、
右脳の能力に対する期待が高まるようになりました。

その後、どんどん研究が進められて、
現在に至るといった感じなので、

その歴史は、まだまだ浅く、
右脳に秘められたパワーは、まだまだ未知数だといえます。

現段階では、
右脳は「イメージ脳」と呼ばれ、

記憶力・思考力・ひらめきの力・直観力・絶対音感など、
左脳(言語脳)にはないさまざまな能力をひめていると言われています。

けれど私たち人間のほとんどが、
右脳のもつ機能のほんのわずかしか使えずに一生を終えます。

一般に人間が日常で使っている脳の比率は左脳90%、右脳10%

そんなすばらしい右脳の能力を10%しか使えていないなんて、
本当にもったいなく、
歯がゆいことです。

もしその右脳のすばらしい能力を引き出す方法があるならば
私もお願いしたいくらいですが、

そんな右脳の能力を一番引き出しやすいのが幼児期(0歳~6歳)なのだそうです。

30過ぎた私には手遅れですね・・・。

右脳トレーニングは、
一度聞いたら覚える能力が身につくので、

学校教育が大変楽になり、
勉強も遊びも両立できるようになります。

そんな「右脳教育」の提唱者に
「七田眞先生」という「七田式」で有名な先生がいるのですが、

その先生の幼児教育は「左脳」もおろそかにはしません。

左右の脳が協力しあい連動して動く、
全脳教育をすすめています。

またなによりも、「心を育てる教育」も重視してます。

親子の間に一体感や信頼感がないと、
いくら子供に何かを教えようとしても、
何も受け入れてくれません。

まずは、親と子の信頼関係を作ることを基礎としているのです。

「右脳教育」は元来、早期教育的な要素を含んでいますが、
知識の獲得に偏らず、子供達の心身のケアをしながら、

愛情もって育ててあげることをモットーとしているので、
親子関係を固めるのにきっと役立つと思います。

また右脳教育の七田式「はっぴぃタイム」は
12ヶ月で終了するシステムになっています。

1年間だけの取り組みです。

小学校に上がる前の6年間のうちの1年間を
ためしに使ってみるのもいいのではないでしょうか?

受講の目安は、2歳~4歳です。

鉛筆がもてるようになる頃がめやすとなります。

また、最近、
4歳から6歳向けの
「もっと はっぴぃタイム」の講座が追加されました。

七田式がはじめての人でも、
小学校入学前の準備をしたいと思っている人でも、

「2歳~4歳までの はっぴぃタイム」を卒業し
引き続きやりたいと思っている人でも受講できます。

年齢や発達に合わせて、取り入れてみてくださいね。

詳しくは公式ページに掲載されています。
興味のある方はは、こちらへ
あの七田式学習法がご家庭でできる!【 はっぴぃタイム 】

コメントは受け付けていません。